CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

連絡先

kutsuniwa1129@gmail.com

オーダー

オーダー・ご質問・ご相談は、お気軽にメールくださいませ。 kutsuniwa1129@gmail.com

展示会のお知らせ

『ユニークな女性職人展』 日にち:平成27年1月22日(木)〜2月15日(日) 時かん:午前9時〜午後5時 場しょ:徳島市立木工会館

黒のスリッポンの完成〜靴の教室より〜








これも2ヶ月ほど前のお話になりますが、
靴教室のYさんの黒いスリッポンが完成しました。
黒い革にステッチダウンの白い糸が効いています。

2年前につくられた靴の色違いです。


気に入ったものは色違いで履きたいですよね。

Yさんの靴は
「わたしに靴がつくれるなんてびっくり!」
のびっくりマークがいつも中敷きにはいっております^^

次はご自分で調達された革でローファーをつくります。
色と柄の組み合わせがとても素敵なローファーです。

完成が楽しみです◎

ヌメ革のスリッポンの完成〜靴の教室より〜





2ヶ月くらい前のお話になりますが
靴教室の生徒さんの靴が完成しました。
ステッチダウンのスリッポン。

色が今は薄い肌色ですが、ヌメ革なので、
月日が経つほど色が濃く飴色になり、
艶がでで足に馴染んできます。
一番育てるのが楽しいお色です。
好みによっては、わざと日に当てて日光浴をさせて色を濃くする方もいらっしゃいます。

今はもう次の靴に入っておられます。
おんなじ木型をつかって黒のパンプスです。

さささっと出来上がりそうな予感。
(あっ、この間は漉き機に苦戦されてたかな^^;)

がんばりましょう!

オーダーいただいた靴








オーダーいただいた靴が完成しました。
お客さまは60代、定年退職されてちょっとしたお出かけに履く靴です。

黒一色ですが、甲の部分はスムース革、サイドとベルトはシボありの革を使って黒の中でも表情を出しています。黒でなくても茶色でも、一色の中でスムースやシボあり、シワあり、光沢あり…など使い分けると表情豊かになるなと感じます。

左右の脚の長さに差があるため、左右の靴の深さが違います。オーダーですので、足の長さや足囲、甲の高さはもちろん、深さやヒールの高さ、ブーツになるとふくらはぎの太さ等も左右の計測の数字を元におつくりしています。


Yさん、オーダーありがとうございました。
たくさん履いていただけると嬉しいです。




オーダー、靴教室などの問い合わせはこちら。
kutsuniwa1129@gmail.com
まで。

サンダルのサンプルづくり

こんばんは。

最近、「この料理にはスナックエンドウだ」と思って筋をとりながら、なんでスナックエンドウの筋とってるんだろう絹さやがほしかったのにと気づいたり、いれるお塩を間違えたり、腕時計をしてるのに外出前に腕時計がないない探したり、おうどん屋さんでお箸をとったのにさらに席でお箸をとって気づいたらお箸が2膳あったりして、ちょっとちゃんと生きよう思う今日この頃です。きっと知らないところでも、誰も何も言わないけどいろいろなにかしでかしてるはず。

さて、来期(7〜9月)のカルチャースクールエミールさんでの講座のサンプルが出来上がりました。





半日くらいでつくれるサンダルの講座です。出来上がったサンプル写真はまた今度載せようと思います。

明日はエミールさんに持って行って、いい感じに写真を撮っていただこうと思います。





革がたくさんはいっております!

こんばんは。

今日は革を調達して参りました。

最近、オーダーも教室も黒い革が人気なので、
黒い革の補充と、頼まれていた分。
そして、裏革に使う豚革をいろんな色を仕入れております。
今なら選び放題です。
あと、中底につかうショルダー(牛の肩の部分)と
本底、ヒールにつかうベンズ(牛の背中からお尻にかけての革)
もすごくきれいなものが届いております。革屋さんに選んでもらって送ってもらうのですが、本当にきれいなものを選んでいただいて包みを開けて「お〜〜!」と感動いたしました。
新鮮な材料がたっぷりです。
みなさん、お待ちしております*^^*

調達には神戸に行ったのですが、
やはり好きな街だなぁとしみじみ感じました。

レースのような革をつかったパンプスの完成〜靴の教室より〜

こんばんは。

この間の日曜日は靴教室にたくさんの生徒さんがおいでてくれました。ありがとうございました。
1日の中で過去最高の人数でした。体力が持つかしら、栄養ドリンクを用意した方がいいかしらと思っていましたが、あっという間に過ぎていきました。まあ、楽しい証拠です^^

さて、そんな中、一足のパンプスが完成しました!





布のように見えますが、革です。
材料探しがうまいUさんは、旅行に行ったときについでに材料も調達してこられます。この革も、リボンのチャームも。
チャームは取り外しができる金具を取り付けています。



うん、表情が変わりますね^^
今の季節にぴったりなのでたくさん履いてほしいと思います。

お次は何をつくられるのでしょう。
デザインが思い浮かんだらおいでくださいね。楽しみにお待ちしております◎







昨日はエミールさんにてベビーシューズづくりの講座でした。



おはようございます。

昨日はカルチャースクールのエミールさんにてベビーシューズづくりの講座でした。ご参加いただいた方々、ありがとうございました。

いつもお写真を撮らせていただくのですが、事情によりわたしも一足つくっていたら集中してしまいお写真撮れませんでした。でも、作業の説明は昨日が一番うまかったと思います。
お家に帰って履かせたり、夏にお腹からでてくる子のためにみなさん心を込めてつくられていました。

さて、エミールさんの講座、来期(7.8.9月)はサンダル講座をしようと思っております。男女年齢問わず履いていただけるサンダルです。
また決まりましたら書かせていただきます。

では、いい休日を〜^^






写真は、別子銅山にいたねこ。

見習う



靴教室をしているので生徒さんに教えたりもしていますが、
生徒さんから教えてもらうこと、習うこともたくさんありまして、
Sさんが、既製靴はここまでしてないですよ見えないところなのでしなくてもいいですよ時間がかかりますよというところまで丁寧に作業をされていて、出来上がりもとてもきれいで丁寧さがすごく伝わってきたので、今回わたしもとりいれてみました。

うん、気持ちはものに宿るなあというのがひしひしと感じられます。

虫がいた!

昨日、畳のささくれかと思ってたのが虫でした。

なんていう虫かわからないけど、踏まなくてよかった〜^^





革を漉く。

おはようございます。

この工程も意外に時間が必要だなと思うのは「漉き機」。



この機械を使って革の裏面を薄く漉きます。
作業自体は直ぐ済むのですが、漉き機の設定に時間がかかります。厚みと幅、特に厚み。
へり折り(革の端っこの処理)、重なり代、つまみ代、全漉き(革全体を漉く事)、全漉きからのへり折り、重なり代、つまみ代…さらにここは革がこれだけ集合するとか、足当たり良くとかいろいろな要素も加わってきます。

漉き終わってからも包丁で革の端っこを薄く漉きます。



なるべく表にひびかないように、仕上がりがつるっとするように。



色が濃い部分が元の革の色、薄い部分が漉いたところです。
見た目がきれいに、足当たりが少しでもいいように…



これは表革のパーツですが、もちろん裏のパーツもあります。


0.1mmの違いはまだよくわかりませんが、0.2mmはなるほど違うなぁというのはよくわかります。1mmになったらすごくよくわかるので、靴教室の生徒さんが3mmの幅の線を書くところを4mm書いたらもう目分量で1mm多い!と言ってしまいます。生徒さん、絶句です。いや、その1mmがたくさん集まってくると結構なずれができてくると思うんですよ。
お許しを!

| 1/81PAGES | >>